ネット右翼監視所
いろいろな書き込みとか新聞記事とか読んでいきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
マンション危機
政府が耐震偽造問題で支援策決定、対策費は80億円

「国や地方自治体がマンション解体費用を補助するほか、引越し費用や家賃についても一定額を支援する。主に「地域住宅交付金」を活用する。
 このほか、住宅ローン負担の軽減や固定資産税等の負担軽減なども盛り込んだ。」

とのことです。被害は拡大するばかり。
アスベスト禍をほうふつとさせる広がりと隠蔽、政治の不作為、癒着。
さて税金投入となれば当然、政治家の責任も問われるべきところでございますが北側大臣ぐらいの名前しか出てきてませんね~。

こんなことなら国の全ての業務を民間に丸投げしておけば、政治家は責任をとらずにすむ!な~んてことになりかねません。
検査機関に許認可を出すのも国な分けですから、その辺、きっちりと責任追及してほしいですね。
この点で面白いサイト・・・「きっこの日記
ディープな情報満載ですが、その取捨選択にはそれだけに注意が必要かも。。「自己責任」でどうぞw

で、ざっとネットを見回してみると「地震の被災者にも支援が無かった」との論拠から被害者の「自己責任」を強調する書き込みが目立ちます。

今回の問題とは本質的に異なると思われますがいかがでしょうか。
今回は建築物の基準を守らせ、危険な建物を排除することによって国民の安全と財産を保護するという国の役割が十分に果たされなかったことからおこった問題ですからね~。
建築許可を降ろす権限も、建築基準法も、何もかも放棄してしまって、全ては自己責任!!
な~んて体制なら、国に責任は無いでしょうが。
安全な住宅の提供を国家の債務とする以上、その点に抜かりがあれば、被害者を救済するのは当然でございましょう。

「被害者が我侭すぎる!!」なんて書き込みも見られますが、「国への補償の要求が当然か否か」という考え方の違いによる感情論ですね。これは。

しかし税金の投入ですから、政治家の責任追及及び、関わった業者の追及。
その辺のことは徹底的に行ったうえでの補償であっていただきたいと思います!
スポンサーサイト
大連立!
首相、民主に大連立打診

『小泉純一郎首相が今年9月下旬ごろ、自身に極めて近い人物を通じて自民、民主両党の「大連立」の可能性を民主党の前原誠司代表にひそかに打診していたことが7日、明らかになった。』

前原氏は即、断ったそうですが、こんなのが実現したら、それこそ日本脱出を考えるべきかもw
民主党でも無いよりはマシ。

いや、いっそ分かりやすく「大連立」してもらった方が良いのだろうか。とも少しだけ思いますね。

やっぱ憲法改正絡みのお話ですかねえ。
流行語大賞
年間大賞に、「小泉劇場」と「想定内(外)」が選ばれたそうです。
「小泉劇場」なんて言葉が果たして「流行語」と呼ぶにふさわしいのかどうか・・
ユーキャンのサイトをちょっと覗いてきたんですけど

『この賞は、1年の間に発生したさまざまな「ことば」のなかで、軽妙に世相を衝いた表現とニュアンスをもって、広く大衆の目・口・耳をにぎわせた新語・流行語を選ぶとともに、その「ことば」に深くかかわった人物・団体を毎年顕彰するもの。』

だそうです。
なるほど「小泉劇場」なる言葉は広く大衆の目・耳をにぎわせたといえるでしょうね。
テレビと新聞を見てれば、毎日のように目に入ってくるし、耳にも聞こえてくる。
しかし「口」にはのぼってないでしょう。
日常生活で「小泉劇場」などという、薄っぺらでツマラナイ言葉を使う場面はほとんどないと思われます。
流行らせてるのはマスコミ。でも実際は流行ってない。
ただ大量にマスメディアに乗っかってるだけの言葉が流行語といえるんでしょうかね~。はなはだ疑問でございます。
マスコミ内部でのみの流行語って・・・。

ちなみに去年の大賞は水泳・北島選手の「チョー気持ちいい」。
これも大衆の口に上ったとは言いがたい。
「流行語大賞」などと偽りのある看板は外して、「マスコミ用語大賞」にすべきじゃないですかね。
ユーキャンさん。
西村、非弁活動関与容疑
今日はちょっとだけ。
「1割の報酬でやってると思っていた」
だそうです。
実際は酷い場合には報酬を5割もとっていた鈴木さん。

上記の発言、どのような意図でおっしゃったのか分かりませんが、
こういうことが起こらないように」非弁活動が禁止されているわけでありまして、報酬を過剰請求しているのを知ってたか知ってないかではなく、非弁活動そのものを知っていれば、過剰請求の蓋然性を認識しているということになりましょうね。

そろそろ(今更ですが)潔い発言が聞けるものと期待します。
「靖国参拝」
首相、靖国参拝に改めて理解求める

「(靖国参拝を)日本人が批判するのも、私にはまだ分からない。中国が批判するのも、韓国が批判するのも分からない。まさに精神の自由を、人からお参りしちゃいけない、お参りしろと言われる問題じゃないと思う。これは個人の自由、憲法違反とかそんな問題じゃない」(小泉首相)

だそうですが。
その割りに選挙前には参拝を取りやめたり、選挙後の参拝もスーツで拝殿には登らず・・・。
たいした信念ですねぇ。

少なくとも首相の参拝が「個人の自由」ではなく政治的な問題であるとはご理解されているようでございますね!w

テーマ:靖国参拝 - ジャンル:政治・経済

copyright © 2005 ネット右翼監視所 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。