ネット右翼監視所
いろいろな書き込みとか新聞記事とか読んでいきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
壁打ちチャンピオン殿
サブカル「天」論 ~調整中~殿から再びTBを頂戴いたしました。
既にサブカル氏の思い込みの激しさの指摘はさせていただいておりますし、「ロンパ!ロンパ!」と壁相手に楽しげにのぼせてらっしゃる「壁打ちチャンプ」殿に横から(!!)茶々を入れるのも無粋かと思ったのですが、再びうちについてのコメントも寄せていただいてますので、書いてみます。

>例の「ネット右翼監視所」は反小泉ブロガー同盟ヘッドラインでも、巡回しております。参加者サイトだったワケだ。ああ、やっぱりね(笑い)

だそうですw
このブロガー同盟は、率直にいって参加者の共通点は「小泉ヤメロ」ぐらいのもんで、その参加者に共通の特質を見出すのは困難かとw
それこそ「核武装の上、アメリカ殲滅」並みの過激な人から、「世界中の人が戦争に反対すれば、当然、世界は平和になる!」的にこれまた過激な平和主義者の方から・・・。右から左まで。
しかし、彼には共通の資質が「見えてしまう」んですな。
なぜ見えてしまうかは、彼が偉大なる「壁打ちチャンプ」だからです。
わたしの記事から、「組しやすい仮想論敵」を妄想でひねり出してそれを相手にロンパを仕掛ける。それくらいなら良いのですが、なぜかその仮想論敵とは別人格のわたしにTB下さるw
ハタから見ると壁打ちそのものなんですがねぇ・・。
想像力の豊かさと思い込みの激しさ。先の記事にて指摘させていただきましたこれらの要素が加わると、見えないものでも見えてくる!ってことですな。見るのは勝手ですけど、ブログの名前まで挙げられては迷惑な話でございます・・・。

>卑猥な言葉を多用しての誹謗中傷だった

えへ。卑猥な罵倒はお互い様!と思いまして、気楽にかけるのがサブカル氏のおそらく唯一の美点かとw
今回氏のTBは、反論の中に罵倒・中傷を混ぜるのではなく、罵倒・中傷のみなのはいただけませんがねw
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
奇妙な文章
いつもお世話になってます。

また田原総一朗がとんでもない文章を書きました。
以下の通りです。

週刊朝日(12・9増大号)37ページ
『ギロン堂』にて…
要約すると、「小泉がポピュリストではない。」とポピュリズムではないと完全否定し、小泉総理を完全擁護。「マスメディア(テレビなど)が世論を喚起し、国民を騙して小泉自民を大勝させた、という常識」を完全否定。「テレビは視聴率に引き摺られて小泉劇場を報道した」と視聴率に責任転嫁。「マスメディア(テレビなど)に世論を動かす力はない。国民にテレビは引き摺られた」と国民に責任転嫁。そして「世論は怖い。自分も身を引き締めて頑張らねば」などと時代の流れと戦う反骨ジャーナリストに自らをなぞらえる。

どう思いますか?疑問符がたくさん並びますね。田原は近い将来に必ず起こるであろう「小泉政権とその体制の崩壊」時における新聞テレビの総括に備えて必死のアリバイ工作をしているとしか思えません。
詳細は上記「週刊朝日」を「買って」読んでください。
(以前、マイナーな現在閉鎖中のマスメディア糾弾掲示板で買う価値はない。立ち読め、と書いた所、威力業務妨害だ、などと叩かれたので念のため。)

先ほど間違って投稿しましたので再度投稿します。
2005/11/29 (火) 12:05:05 | URL | r #a2H6GHBU[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2005/11/30 (水) 02:21:38 | | #[ 編集]
>「秘密」モードでコメントくださってる方

すみません。わたしが管理人のはずなんですが、何も書いて無いように見えます。
レスさせていただきたいんですけど・・・

うーん・・・なんででしょう。
あしからずです。
2005/11/30 (水) 09:37:16 | URL | たつや #-[ 編集]
代弁多謝
『わたしの記事から、「組しやすい仮想論敵」を妄想でひねり出してそれを相手にロンパを仕掛ける。それくらいなら良いのですが、なぜかその仮想論敵とは別人格のわたしにTB下さるw 』


以前大学の級友(右翼系ブログ管理人)にほぼ同じことされたことあります。
学校で私の発した一言から、彼は文脈を取り違えて妄想を始め、最終的に自身のブログで、なぜか私を国家と同一視して叩いてました。

なのでお気持ちお察しします。。
妄想右翼の監視所がネット上で増えることを期待します。
2006/01/08 (日) 19:20:58 | URL | Sonan #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
「ネット右翼監視所」から反論があった。が、反論になってない。反論できないからか具体論が一つも書いてない。赤カラーにしていた部分も完全黙殺。「論」ではなくただの「叫き」になっている。特にこれは何だ?>既にサブカル氏の思い込みの激しさの指摘は「サブカル氏」
2005/11/29(火) 14:34:10 | サブカル「天」論 ~調整中~
copyright © 2005 ネット右翼監視所 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。